前立線がんはスキャンしノーキャンサー|転移起こさずの巻

自覚症状がある

笑顔の医者

身体の細胞は日々生まれ変わっています。古い細胞は自然と排出され、新しい細胞がその位置に取って代わるのです。そのため私達はいつでもみずみずしい肌でいることが出来ますし、エネルギーを生み出し疲労を回復することができるのです。
しかし、人間の身体というものは不思議なもので、細胞は問題なく生まれ変わっていくだけでなく、時には悪性化してしまうのも事実です。その細胞が悪性化してしまうのが前立線がんなどのがんで、臓器に起こると胃がもたれたり、栄養をうまく吸収することができなくなってしまいます。
放置してしまうと血液にのって転移したり、悪化し続けたりして自然と治るものでも無いので、前立線がんを早く治すためには自覚症状に気を配ることが大事なのです。

前立線がんで起こる自覚症状としては、前立腺が近くにある膀胱や尿管に影響するので、まず排尿に変化が訪れます。転移してしまうと骨やリンパ節にも影響をもたらし、全身に悪性化した腫瘍の影響が現れることになってしまいますが、まずは排尿に変化が訪れることがサインなのです。
一度治った後も、排尿の際に勢いがないということが続いてしまえば転移や再発が起こっている可能性もあります。
排尿に関して勢いが無い、途切れてしまうといった症状が続く、または頻尿が起こるということがあれば、前立線がんを疑うべきです。
転移は骨やリンパ節に出たりしますが、この時の症状としては骨には麻痺やしびれ、骨折したりということも出てきます。
また精嚢に湿潤してしまいステージが進んでしまうと切除せざるを得なくなることもあります。